2016年5月

捻挫、打撲したら一番にする事

おはようございます。

北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分

首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う

接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です。

今日は捻挫、打撲をしたら、一番にする事をご紹介します。

1.安静
まずは安静が大切です。骨折や捻挫
の場合は固定して、できるだけ動き
回らないようにしてください。

2.冷却
ビニール袋に氷と水を少し入れて、
15分から20分冷やします。患部の
感覚は冷たい→痛い→温かい→ピリ
ピリする→無感覚と変化してきます

3.圧迫
包帯やタオルなどで患部を圧迫しま
す。

4.挙上
患部を心臓より高い位置にあげます
す。

上記の事をする事で、患部の炎症、内出血、腫れを最小限に食い止める事ができます。可能であれば、1時間以上の間隔をあけて、受傷から3日間繰り返してください。

また当院では怪我の回復を早める電気治療、患部への負担を軽減するテーピングを行い、より効果的な治療していきます。
また最適なアイシング、圧迫ができるように、氷のうと伸縮包帯をお貸ししています。

image
捻挫、打撲をした際は、是非当院へお越しください。