STAFF BLOG

症例紹介7

おはようございます。
北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分
首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う
接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です。

 

今日ご紹介するのは、股関節に痛みがある患者様です。

 

4ヶ月前から痛みがあるとのことで、初めて来院された時には、脚を引きずっていました。

 

安静時にも痛み、就寝時にも痛み、階段を登る時も痛いということでした。

 

骨盤の歪みがかなり強かったので、初回から2回目までは骨盤筋調整法と腰から下半身にかけて、ほぐし療法を行いました。

 

3回の治療で症状はかなり軽くなったのですが、痛みがぶり返すとのことなので、単純な筋肉の問題だけでなく、腰椎から来ている部分もある判断し、背骨骨盤復元力矯正を3回行い関節へもアプローチしました。
今では、脚の運びがスムーズになり、症状がかなり軽減されています。
しかし、しゃがみ姿勢から立ち上がる時の痛みがまだ残っているようなので、そこを消失させたいですね。
最近はヘルニアなど、腰からくる股関節、臀部、下肢の痛みの方が本当に多いです。
このような症状でお悩みの方は、是非当院にご相談ください。
お待ちしています。

写真協力ありがとうございました。

IMG_3658

むずむず脚症候群

おはようございます。
北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分
首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う
接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です。

 

今日は、ある患者様がムズムズ脚症候群という診断を受けたということで、ムズムズ脚症候群について調べましたので、ブログにて紹介します。

症状としては

じっとした姿勢や横になったりしていると脚の部分(時に腰、背中、腕、手にも)がムズムズする

痒い

ピンでなぞられているような

針で刺されているような

蟻や虫が這いつくばっているような

という不快感、痛みを感じるようです。

また、上記の症状を抑えるために、脚を動かしたり、身体をさすらなければならなくなります。

特に夕方から夜間にかけて症状が強くなり、ぐっすり眠れなくなり睡眠障害の原因にもなります。

日中もじっとしていれなくなり、日常生活に大きな影響を引き起こします。
いかがでしょうか?
もし、思い当たる方がいらっしゃいましたら、病院の診察をオススメします。

では、何科を受診すればいいかですが、

睡眠障害クリニック
睡眠外来
神経内科
精神科
精神神経科

でみてもらえるようです。

整形外科
皮膚科
内科ではわからないことが多いようですので、オススメできないようです。

インターネットで原因、なりやすい方、対処法、治療法など更に詳しく調べれますので、気になる方は一度調べてみてください。

症例紹介6

おはようございます。
北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分
首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う
接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です。

今日ご紹介する方は70歳の女性で、2週間前に布団をしまった時に腰を痛めてしまった方です。
病院では、脊椎側弯症という診断。

 

早速診させていただくと、残念ながら側弯症がありました。

 

症状としては、
座位が続くと痛い
寝返りが痛い
椅子から立ち上がる時が痛い

 

などが主な症状で、
動作痛も当院が行なっている全ての動きで痛みがありました。

 

この様に様々な動きで痛みがある場合は、あらゆる筋肉が痛みの原因となっている事が多いです。

 

なので、腰周り全体の筋肉を調整しました。

 

脊椎が側弯しているのですが、これは恐らく今回の腰痛とは直接的な関係はないと判断し、脊椎には治療しませんでした。

 

2回目来院時には、かなりの動きが改善されていて、3回目来院時には全ての動作痛が消失していました。

 

途中、日常生活で負担をかけてしまい痛みがぶり返しましたが、3週間後には日常生活に支障ない程に回復されました。

 

現在も、念のため通院してくれていますが、もう大丈夫そうです。

 

また腰に痛みがでたら、早めに受診してくださいね。

IMG_3380

マッサージチェアー

おはようございます。
北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分
首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う
接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です。

 

マッサージチェアーについての注意していただきたい事があります。

 

最近はマッサージチェアーも進化して、かなり気持ちのいい機種が販売されていますよね。
私も、家電量販店へ行くと、体験させていただく事が多々あります。

しかし、注意していただきたい事があります。

それは、背もたれの倒しすぎです。

相手が機械なので、力の強さや時間も、自分の思うがまま。
ついつい背もたれを倒してグイグイやったり、そのまま長時間してしまう事も。

そこに落とし穴があります。

マッサージの強さや時間を誤ってしまうと、マッサージチェアーで腰、背中の骨を痛めてしまう事が多々あります。

とくに骨粗鬆症の方や高齢の方は要注意です。

先日も常連の患者様から、起き上がれないくらい腰が痛くなったと連絡があり、ものすごく心配しました。

翌日お話を聞くと、マッサージチェアーをしてから痛くなったとか。

幸運な事に、その方は2日ほどで、激痛は治りましたが、運が悪ければ、そのまま寝込んでしまっていたかもしれません。

ですので、マッサージチェアーを使用している方は、背もたれは倒しすぎないという事と、あまり長い時間行わないように注意してくださいね。

脳卒中

おはようございます。
北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分
首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う
接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です。

 

今日は実際にあった、とても怖い症例をご紹介します。

その方は、たまに調子が悪くなるとみえる患者様なのですが、その日は舌が痺れるという事でした。

整形外科では、CTをとったが、特に異常がないとのことで、うちにみえました。

手や脚が痺れるというのは、よくあるのですが、舌が痺れるのは明らかに、
嫌な予感がし、脳卒中を疑いました。

しかし、ろれつは回っているし、手足も動く、意識もはっきりしている、舌が痺れる以外はなんの症状もありませんでした。

しかしとても接骨院で扱う症状とは思えないので、前回とは違う、大きな病院で診てもらうようにお伝えしました。

後日、息子さんからお聞きしたら、やはり脳梗塞の初期症状だったようです。

1軒目の病院では、見逃されていた病が2軒目でみつかったようです。

今では、リハビリの甲斐あって、日常生活では支障のでないくらいまで回復したようです。

ここで脳卒中の初期症状を書いておきます

急にはじまるのが特徴で

頭痛

吐き気や嘔吐

手足がしびれたり、感覚がなくなったり、動かなくなったりする

目の見え方の異常(片目の視野が見えなくなる)

舌がもつれる、痺れる

意識がもうろうとする

まっすぐ歩けなくなる

などです。

軽い場合は、一過性の事もあり、数分すると回復するので、気のせい、疲れのせい、と思う方もみえるようですが、それは大きな間違いです。
本格的な脳梗塞発作が控えている可能性があります。
(約30%の方が本格的な発作の前に、一過性の脳卒中の発作を経験しているようです)

疑わしい症状があったら、即、神経内科や脳外科のある病院で検査を受けてください。

明日ではありません。
即です。

店舗前の自販機

おはようございます。
北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分
首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う
接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です

 

今日は院前にある自販機を紹介させていただきます。

ここにあるドリンクは全て私、院長のセレクトです。

卸業者やインターネット、小売店から仕入れてきます。

今となっては、半分趣味みたいなものです笑

お茶からスポーツドリンク、フルーツジュースに炭酸飲料。
そして、コーヒーと幅広く取り扱っています。

持ち運びできるよう、ペットボトルを多くしているのも、こだわりですね。

All100円にしては、なかなか良い品揃えだと、自分では思っています。

利用してくれているお客様はどう思っているのか、気になりますね。

ちなみに1番人気はBOSSのカフェオレです。
最近はウェルチのグレープ味もよく売れています。

ウェルチ、美味しいですよね。

また、自販機にはフォトフレームが内蔵されています。

もうかれこれ、2年程更新していないので、そろそろ更新したいと思っています。

もう一つこだわりとしては、夏場は冷たく、冬場は熱くです。

お帰りの際は、ぜひご利用ください。

IMG_2486

自律神経

おはようございます。
北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分
首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う
接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です。

今日は前回のブログでも触れた、自律神経についてです。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つの種類があり、交感神経は興奮状態に、副交感神経はリラックス状態に導いてくれます。

その2つがバランスをとって体の調子を整えてくれています。

しかし、今はストレス社会と言われ、交感神経が優位に働いている方が多いようです。

仕事や家庭問題、対人関係などで悩んでいませんか?

そんな方は自律神経のバランスが崩れているかもしれません。

自律神経のバランスが崩れると

筋肉が常に緊張していて、疲労がたまる

関節が痛い

やる気がわかない。不安を感じる

夜眠れない、眠りが浅い

呼吸が浅い

イライラして落ちつかない

という事が起こってきます。

そんな方は、まずは副交感神経を優位にして、リラックスする状態にしていかないといけません。

では、どうしたらいいのか?
1番簡単で効果的なのは、くどいようですが、深呼吸です。

リラックスする神経、副交感神経は脳の延髄、橋という部分から全身に延びていくのですが、脳の同じ部分に呼吸をつかさどる中枢もあり、この両方の神経は、大きく影響し合っています。

なので、深く呼吸をすると、副交感神経が活発になり、リラックスできるんです。

また、呼吸の仕方にも効果的な方法があるのですが、これは2017年1月22日のブログを読んでみてください。

そして、当院での自律神経へのアプローチとしては

背骨の調整

ほぐし療法

自律神経に有効な特殊電気治療

キネシオテーピング

を行っています。

眠れなかったけれど、よく眠れるようになった

肩こりが軽くなり、頭痛を感じなくなった

という声はたくさんいただいています。

思い当たるところがある方は、ぜひご相談ください。

天候と痛み

おはようございます。
北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分
首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う
接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です。

お久しぶりです。
最近忙しく、ブログの更新ができていませんでした。
また、自分の勉強がてら、頑張って更新していきますので、よろしくお願いします。

今日は、よく患者様からも質問される、天気と痛みについて書きたいと思います。

専門家の間では、まだまだ検討の余地があるようですが、患者様とお話ししていると、私は大いに関係あると思います。

では、なぜ雨が降る前に痛みが強くなるのか。

それは、気圧の問題です。

低気圧が近づくと、交感神経(興奮する神経)が興奮します。

交感神経の働きが高まると、アドレナリン(副腎皮質から分泌されるホルモンの一種)が分泌されます。

アドレナリンには、血管を収縮される働きがあるので、体内が貧血、酸欠状態になってしまうのです。

その結果、痛みを感じやすくなってしまうんですね。

しかし、雨の日の前でも、痛みに変化が出ない人もたくさんいます。

そのような事も考えると、思い込みという事も考えられます。
(思い込みと書くと、軽く見ないで!と患者様から怒られそうですが、この思い込みもかなりの曲者で、痛みの真犯人に大いになると考えています。)

天気が悪い

痛みが強くなるのではないかと不安になる

交感神経神経の働きが強くなる

血管が収縮して、貧血、酸欠状態に身体が傾く

痛みが強くなる

 

という感じです。

臨床では、確かにデリケートな方ほど、天候により痛みが左右される傾向が強い気がします。

どちらにせよ、雨の日の前の痛みは、交感神経の働きを抑えてやるに越したことはないと思います。

今まで、ブログで書いてきたように、交感神経の興奮を抑えるには、一にも二にも深呼吸です。

また、当院では自律神経のバランスを整える治療もしています。

興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

症例紹介5 スポーツでの痛み

おはようございます。
北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分
首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う
接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です。
今日ご紹介する症例はスポーツ選手の腰痛です。

ハードルと短距離走の選手です。

走行中と後に痛みが出るとの事で、4月上旬に大会があるので、それまでに治したいとの事でした。

病院では椎間板がすり減っているとの診断でした。

2回の治療で4割の痛みが軽減でき、6回の治療でほぼ全ての痛みがとれました。

施術内容としては、下肢の筋肉のこわばり、腰と股関節周りのバランスの崩れ、それにともなう腰椎の機能不全。

これらを改善し、自宅でのセルフケアも頑張ってもらいました。

初診から3週間程しか時間がなかったですが、なんとか満足していただける結果になり、とても良かったです。

スポーツの痛みも、ぜひ接骨院らくらく堂にお任せください!

IMG_3100

写真協力ありがとうございました。

症例紹介4 肩痛

おはようございます。
北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分
首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う
接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です。

今日ご紹介させていただく患者様は、重いものをもって肩甲骨の内側を痛められてしまいました。

じっとしていても痛みがあり、肩甲骨周囲を触ってみると、肩周りの筋肉がかなり緊張していました。

また筋肉のバランスが崩れ、左右の肩の高さに差がでていました。

安静時痛があるとの事だったので、炎症反応を確認したところ、特に炎症はなさそうだったので、筋肉の異常収縮だと判断し、肩周りの筋肉の興奮を抑える処置をし、肩の高さを整え、この日は帰っていただきました。

翌日も来院していただきましたが、痛みは完全にとれていました。

筋肉のバランスが整うと、治りは断然早くなります。

逆にバランスが崩れたままですと、なかなか治りません。

その上、崩れたバランスのまま身体が安定してしまうので、筋肉、関節に負担がかかりやすい身体になってしまいます。

痛みを感じた時は、身体の歪みが強くなった時かもしれません。

鏡を見た時、肩の高さは左右同じですか?

脚を伸ばした時、左右の脚の長さは同じですか?

心当たりのある方は、一度ご来院くださいね。

お写真ご協力ありがとうございました。

IMG_3082