2017年6月

自律神経

おはようございます。
北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分
首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う
接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です。

今日は前回のブログでも触れた、自律神経についてです。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つの種類があり、交感神経は興奮状態に、副交感神経はリラックス状態に導いてくれます。

その2つがバランスをとって体の調子を整えてくれています。

しかし、今はストレス社会と言われ、交感神経が優位に働いている方が多いようです。

仕事や家庭問題、対人関係などで悩んでいませんか?

そんな方は自律神経のバランスが崩れているかもしれません。

自律神経のバランスが崩れると

筋肉が常に緊張していて、疲労がたまる

関節が痛い

やる気がわかない。不安を感じる

夜眠れない、眠りが浅い

呼吸が浅い

イライラして落ちつかない

という事が起こってきます。

そんな方は、まずは副交感神経を優位にして、リラックスする状態にしていかないといけません。

では、どうしたらいいのか?
1番簡単で効果的なのは、くどいようですが、深呼吸です。

リラックスする神経、副交感神経は脳の延髄、橋という部分から全身に延びていくのですが、脳の同じ部分に呼吸をつかさどる中枢もあり、この両方の神経は、大きく影響し合っています。

なので、深く呼吸をすると、副交感神経が活発になり、リラックスできるんです。

また、呼吸の仕方にも効果的な方法があるのですが、これは2017年1月22日のブログを読んでみてください。

そして、当院での自律神経へのアプローチとしては

背骨の調整

ほぐし療法

自律神経に有効な特殊電気治療

キネシオテーピング

を行っています。

眠れなかったけれど、よく眠れるようになった

肩こりが軽くなり、頭痛を感じなくなった

という声はたくさんいただいています。

思い当たるところがある方は、ぜひご相談ください。