2017年3月

症例紹介4 肩痛

おはようございます。
北名古屋市の徳重・名古屋芸大駅から徒歩7分
首、肩、腰、膝などの関節痛治療から、疲れを癒すリラクゼーションまでを行う
接骨院らくらく堂・ほぐし処りらく堂です。

今日ご紹介させていただく患者様は、重いものをもって肩甲骨の内側を痛められてしまいました。

じっとしていても痛みがあり、肩甲骨周囲を触ってみると、肩周りの筋肉がかなり緊張していました。

また筋肉のバランスが崩れ、左右の肩の高さに差がでていました。

安静時痛があるとの事だったので、炎症反応を確認したところ、特に炎症はなさそうだったので、筋肉の異常収縮だと判断し、肩周りの筋肉の興奮を抑える処置をし、肩の高さを整え、この日は帰っていただきました。

翌日も来院していただきましたが、痛みは完全にとれていました。

筋肉のバランスが整うと、治りは断然早くなります。

逆にバランスが崩れたままですと、なかなか治りません。

その上、崩れたバランスのまま身体が安定してしまうので、筋肉、関節に負担がかかりやすい身体になってしまいます。

痛みを感じた時は、身体の歪みが強くなった時かもしれません。

鏡を見た時、肩の高さは左右同じですか?

脚を伸ばした時、左右の脚の長さは同じですか?

心当たりのある方は、一度ご来院くださいね。

お写真ご協力ありがとうございました。

IMG_3082